入れ歯|つくば駅から徒歩3分の歯科医院、つくばシティアビル歯科

つくばの歯医者「つくばシティアビル歯科」

029-852-7733

【電話受付】9:30~19:00 ※木・日・祝日休診
※土曜日は9:30~13:00 15:00~18:00(最終予約17:30)

入れ歯

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には保険適用のものとより使い心地のよい自費の入れ歯がございます。
それぞれの特徴をまとめてみましたので、入れ歯をご検討中の患者様はぜひご参考にしてください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の比較表

保険の入れ歯
特徴
  • 素材はプラスチック(レジン)を使用。
  • 総入れ歯はレジンのみ、部分入れ歯はレジンとクラスプと呼ばれる金属の留め具を使用。
メリット
  • 健康保険が適用されるため、費用を抑えることが出来ます。
デメリット
  • 強度を保つ為に厚く作る必要があり、見た目が悪くなることや噛んだ時の違和感が残ることも。
自費の入れ歯
特徴
  • 素材を自由に選ぶことが出来るので、患者様のご要望に応えることが可能。
  • 装着した時の違和感や審美性が気にならない入れ歯を作ることが可能。
メリット
  • 歯科医が時間をかけ、一人一人に合った痛くなく噛めて、吸着性の良い入れ歯が作れます。
  • 吸い付きを良くする素材、入れ歯ががたつかない素材、保険の入れ歯より格段に薄い素材などを使用することが出来ます。
デメリット
  • 全額自己負担となるため、費用がかかります。

自費の入れ歯のご紹介

金属床義歯

金属床義歯とは歯肉に触れる部分が金属素材で作られた入れ歯です。保険義歯よりも薄く作ることができ、素材も金属の為熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいという特徴を持っています。また、装着時の違和感もほとんどありません。薄い割に強度が高く、床に落としても割れるリスクが低いことも特長です。
自費診療なので費用はかかりますが、美味しく食事を楽しみたい方にお勧めしております。

ノンクラスプデンチャー

金属のクラスプ(残っている歯に引っ掛ける装置)を使っていないので、審美性に富んだ自然な見た目が特長です。
自費診療なので費用はかかりますが、笑ったときにの見た目が気になり入れ歯を躊躇されている方にお勧めしております。また、金属アレルギーの方でも安心してご使用できます。

ページトップへ戻る